読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福岡の天然石アクセサリー グローバルアンバーのブログ

福岡の天然石アクセサリー作家原田聖子です。制作日記と日常、自身のブランド「グローバルアンバー」のことをつづりました。

「天然石で作ってみよう☆」第1回:くらげさんピアスを作ってみようの巻

こんにちは!
福岡のコスチュームアクセサリーデザイナーの原田聖子です。

福岡ここ数日寒い日が戻ってきております。
みなさま、風邪などひかれてないでしょうか?

さっそくですが本日は

"くらげさんピアス’’を作ってみよう☆

ということで、こちら(写真↓)をつくっていくうえでのポイント

  • 理由
  • 材料
  • 構造

この3つをまとめました。
ご存知のこともあると思いますが
ぜひご参考にしていただけると嬉しいです^^

f:id:globalamber-japan:20170222081030j:plain
さっそく作っていきたいと思います。
ネーミングが変なことは(謝)
今は横に置いておきましょう。

なぜ"クラゲさん"を作るのがおすすめなのか?3つの理由
  • わかりやすいシンプルな構造
  • 材料が調達しやすい
  • なんとなくおしゃれな感じがする

ずばりこの3つがおすすめする理由です。

実は複雑なのはわたしもだいの苦手(笑

みなさんそれぞれがある材料、または好きな材料で
お気に入りを作ってみてくださいね♡

本日の"くらげさん”の材料
  • 淡水パール丸玉直径約1mm ×2個
  • サファイヤボタンカット約2mm ×10個
  • ワイヤー適量
  • ピアスかイヤリングの留め具

と一応書きましたが、ワイヤー以外ほんとうになんでもいいんです。
材料に関してはあなた好みの材料を使うことでより個性が表現できるかと思います^^

"クラゲさん”の構造**

①こんな感じで材料に合わせて↓

  • ワイヤーをカット。
  • qピン、tピンを作って通しましょう。

(注:写真は左→右に見ていくとわかりやすいです)
f:id:globalamber-japan:20170222080841j:plain

②クラゲの足部分を1本のワイヤーでまとめます(右)
f:id:globalamber-japan:20170222081001j:plain

③ ②で作ったものを

  • 大きいパールに通しましょう。
  • 通したらパールから取れないようにqを作って固定します。

f:id:globalamber-japan:20170222081010j:plain

④イヤリングやピアスなどの留め具をつけて完成!f:id:globalamber-japan:20170222081024j:plain

以上が本日は"くらげさん”を作るうえでの
ポイントをお伝えしていきました。

構造がわかれば、
いろんな材料で応用がききます。

ぜひ引き出しに眠っている材料がありましたら
あなたのセンスがキラリと光る"くらげさん"を
生み出してくださいませ^^


f:id:globalamber-japan:20170222081039j:plain

↓夕日に染まる"くらげさん"
f:id:globalamber-japan:20170219095658j:plain

↓福岡市内を見渡す"くらげさん"
f:id:globalamber-japan:20170219100024j:plain

というわけで、いかがだったでしょうか。

この記事が手作りしてみようかな〜という気持ちや
日常生活の中で、無心になれる自分だけの時間を作る
きっかけなどになれば嬉しいです。


追伸①:アトリエ引っ越してからの最初のワークショップを企画しました!
こちらも詳しいことは来週こちらのブログで発表できそうです。
以前よりお問い合わせいただきありがとうございます。
ご興味ある方はぜひごらんください。

追伸②:百貨店イベント決定しております!
こちらも場所、日にち等近々告知いたします。
ちなみに福岡を飛び出します。
わたしも大好きな異国情緒あふれる◯◯県!
そこで、もしかしたらもしかするとワークショップするかもしれない予感です^^
わー、何作りましょうか!?逆に何作りたいですか?笑
決まりましたらご報告いたします♡

追伸③:ギャラリー風さんでの個展開催します。3月20日から26までです。
こちらで初のワークショップを開催します。
きょうはこれからハガキ作り。
ワークショップ何作りましょうか?笑




「作ってみよう」に関してはまた
ちょくちょくアップしていきたいと思います。
読んでいただきありがとうございました^^

グローバルアンバー
コスチュームアクセサリーデザイナー
原田 聖子

グローバルアンバーwebsite

www.instagram.com